スタッフ紹介 [訪問看護ステーション]

大橋 訪問看護認定看護師 [訪問看護ステーション所長]

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:大橋 訪問看護認定看護師 [訪問看護ステーション所長]

訪問看護の仕事は、本当に遣り甲斐があります。
世間では、「しんどい」「24時間拘束される」「休みがない」「雨・風・暑い・寒い」「一人で訪問するので不安」「看護診断力がないから、訪問看護は自信がない」とネガティブな意見を聞きます。  私たちの訪問看護ステーションは、それぞれの看護師がイニシアチブを持ち利用者・家族と本当の意味で人間対人間の看護を提供します。

毎月のステーション内研修では、訪問看護認定看護師・認知症看護認定看護師を中心に必要な知識を共有するために、研修会を実施しています。理学療法士からも看護で活かせるリハビリも研修しています。

ステーション外の研修は、フィジカルアセスメントから看護倫理、制度、緩和ケア、褥瘡ケア、認知症看護、ターミナルケア、人工呼吸器など多岐に渡る研修に参加し、伝達講習し研鑽しています。 利用者,家族,看護師,医師,ケアスタッフと多職種連携し、チームで在宅生活ができるように支えています。

利用者から「看護師さんが来てくれて、元気になる」「死ぬまで頼みます」「また来てね。待ってます」などの言葉を頂き、お互いに支え合って今まで訪問看護ができていると思っています。 常に心がけているのは「一期一会」です。退院して、すぐお亡くなりになられる利用者もいらっしゃいます。認知症で独居生活の利用者、独居でターミナルの利用者もいらっしゃいます。その多くの利用者が「やっぱり住み慣れた家がいい」という言葉から私は日々学んでいます。

人間で生まれてきた以上「生・老・病・死」があります。どの部分でも支えられる訪問看護ステーションであれるよう精進します。


笹山 認知症認定看護師

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:笹山 認知症認定看護師

『認知症になっても住み慣れた地域で暮らし続けたい』という意思を尊重できるよう、私達の訪問看護ステーションでは、認知症の初期の段階から看護の必要性を感じ、関わらせていただいています。
早い段階から関わり、『その人のいつもの暮らし』『人生観』『大切にしているもの』を知ることが認知症看護の中で重要であると実感しています。

在宅での暮らしが継続できるよう、家族、多職種と連携しその人を取り巻くより多くの人が、知恵とアイデアを出し合いながら、今後も支援していきたいと思います。

『寒かったやろ、温めてあげよう』と私の手を両手で包みこみ、さすってくださるその温かい心に日々私自身、身も心も温めていただいています。


嶋田 看護師

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:嶋田 看護師

在宅で、自分らしくたくましく生活されている利用者からは、私たちが「偉大なパワー」を頂いています。

そんな利用者が、住み慣れた自宅で最期まで安心して過ごすことができるように、あたりまえの暮らしをお手伝いさせて頂くことに、看護のやりがいと充実感を感じています。

また、誰よりもパワフルな所長をはじめ、個性豊かで頼もしい仲間達と日々働けることに、喜びを感じています。


田端 訪問看護認定看護師

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:田端 訪問看護認定看護師

「やっぱり家がいい」という言葉をよく耳にします。

余命わずかな方、1人暮らしで寝たきりの方、吸引や胃瘻などの医療処置のある方、いろんな方から「やっぱり家がいい」と聞くことがあります。その家で過ごすことに不安や心配はないか尋ねると、「寝たらそのまま死んでしまうんちゃうかな…」「痛みが強くなったら…」「吸引できるかな…」「夜、1人やから…」と、多くの方は不安を持ちながらも「やっぱり家がいい」と答えます。
不安は「ゼロ」にはなりませんが、大好きな家で安心して過ごせるように、訪問看護師は、在宅ケアチームのスタッフと連携し、家での生活を整える役割があると思っています。

余命わずかと告知され、家で最期をすごしたいと考える方が増えてきています。中には、病院での治療が終了し、本人や家族は不安があるけれども、入院の継続が難しく退院される方もいます。
「退院する時は不安やったけど、看護師さんが来てくれて、不安が安心に変わった」「「本当に帰ってきて良かった」という言葉を聞いたとき、訪問看護師として、やりがいを感じる瞬間です。

家は「自然にその人らしくなれる場所」なのではないかと、日々感じています。 家に帰ることに不安はあるけれども、家に帰りたいと願う方がいる。また、不安で仕方なく帰ってくる方もいる。
そういう方が安心して家に帰れるように、人生の相棒となれるように訪問看護を続けたいです。


寶積 看護師

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:寶積 看護師

利用者様、家族様の望む生活が安心して送れるように支援させていただいています。

利用者様の気持ちを傾聴し、寄り添う気持ちを大切に、近い存在でありたいと思っています。

やすらぎのチームワークを大切にしながら日々良いケアが提供できるように頑張っています。


江浦 看護師

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:江浦 看護師

ハートフリーでいろいろな意味で自由(フリー)な仲間と毎日 <やすらぎ>を求めて仕事をしています。

利用者さんの生活に関わる中にやすらぎがある!!と信じ、「今、できる事を精一杯やろう!」をモットーに仕事しています。

関わるスタッフが自由なら当然利用者さんも自由です。そんなちょっとやんちゃでおちゃめな愛すべき利用者さんと笑い、泣き、時にはケンカしたり…。生きている事を実感し、『看護師はえ~仕事や!』とつくづく思い、生きてます。こんな私たちと一緒に生きてみませんか?


仁科 看護師

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:仁科 看護師

私が長い間、勤めていた病院での看護は、救命という治療が前提にある看護でした。

在宅での看護は、生活すべてを支える看護という事で、住んでいる環境がそれぞれ違う事から、看護の方法がさまざまです。

私は、在宅看護で看護観が変わりました。その時の患者様が良ければ良し!ご家族様が良ければ良し!このような看護があるという事のすばらしさを日々感じています。

診療所では、『ここに来たら元気でるわ』と言ってもらえていることに、私も元気をもらいながら、これからも責任と誇りをもって、頑張ります。


新矢 看護師

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:新矢 看護師

看護の経験もまだ浅く未熟者ですが、訪問看護の世界へ飛び込みました。

「生活そのものを支える」という在宅ケアにとても魅力を感じます 皆様が地域で安心して暮らす為のお手伝いを精一杯させていただきます。

そして、全利用者さんに信頼される看護師に成長したいと思います。


宋 看護師

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:宋 看護師

こんにちは!

「うまくやるより全力でやる」をモットーに、お仕事させてもらっています。

ありのままのわたしで、利用者様と家族様が「良い人生やったなぁー」と思ってもらえるよう、支援していきたいと思っています。よろしくお願いします。


工藤 看護師

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:工藤 看護師

利用者様、ご家族様、一人ひとりとの出会いを大切に、「家で過ごす生活も悪くないかな。やっぱり、家は良いな。」と思って、安心して過ごして頂けるよう努力してまいります。

在宅で過ごす不安を少しでも軽減できるよう支援してまいります。よろしくお願いいたします。


和田 看護師

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:和田 看護師

学生の頃、ある利用者さんから「訪問看護を広めていってね」と言われた言葉が今でもずっと心に残っています。自宅で過ごされることを希望している方が、看護を必要とされている方がたくさんいることに気づかされました。

そんな方々の思いや生活に寄り添った関わりをしていきたいという思いが強くあり、新卒で訪問看護の世界へ入る決心をしました。

在宅は、とても暖かいところです。優しい笑顔や言葉に励まされながら、日々学び、必死に向き合っております。

利用者さんが、家族さんが、大切にしているものを同じように大切にし、その一人ひとりの思いに寄り添った関わりをしていけるよう、心がけていきます。


横田 看護師

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:横田 看護師

はじめまして。4月から入職した横田雄士です。

私はもともと在宅で生活する人に関わりたいと思って看護師を目指していました。学生時代には自転車でのキャンプ生活にどっぷりつかりこみ、地元の人と関わることや寝食そのものの喜びに魅了されていました。

そんなとき看護という道に出会い、「これだ」とまっすぐ飛びつきました。それから大学の先生や先輩からの応援もあり、ご縁があってハートフリーやすらぎに来ることができました。今は診療所で看護技術を磨きながら、訪問看護の同行訪問をしています。

現場のやりとりは一つとして同じものはなく、利用者の方と看護師のかかわりも様々だと感じています。入職してから「看護技術は、数をこなしていくといい」と助言をいだだき、日に日にその言葉どおり現場から気づきをもらっています。

まずは環境に慣れることを目標に頑張っていきたいです。そして、利用者の方が生き生きと笑顔で過ごす時間を支えられる看護師になれるよう奮闘していきます。入職してから職場の皆さんにあたたかく支えていただき、ありがとうございます。ひよっこですが、これからよろしくお願いいたします。


桂木 看護師

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:桂木 看護師

「わしは帰りたいやけど、こんな管だらけじゃ無理やろ?それに家族にも迷惑かけたく無いしな」、「病院に居た方が先生も看護師さんもすぐに来てくれたるから安心やねん。我慢しなあかんけどしゃあないな」

私が長年病院で勤めていた頃に良く聞いた患者さんの言葉です。

何気ない会話の中で聞く話でしたが、私には患者さんからの叫びに思え、「自分の家に帰りたい」、「帰って自宅の布団で横になりたい」という願いを叶えたい。それが叶えられない、叶える事がこんなに難しい医療って看護って何!?と言うジレンマを抱えながら患者さんと向き合う日々でした。

病院でどんなにベストな医療、看護を行なっても、1人の人、生活者の1人として観なければ本当の意味での医療、看護が提供出来ないんだと知る機会を得れたこと今でも感謝しています。病院での医療、看護はいっときとても大事です。しかしそれはずっとではなく、必ず人は生活の場に帰る時が来ます。そうした時に少しでもお役に立てたらと思っています。

看護経験は長いですが、在宅での看護は一年生。これからの新たな看護師人生、地域の皆さんと楽しく、家での生活を選んで良かったと安心していただけるために頑張りたいと思います。

いつまでも学びの機会を頂きながら努力していきたいです。


東 看護師

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:東 看護師

「自分らしく生活しながら療養できる」在宅での看護に興味と魅力を感じて、訪問看護にチャレンジしたいと決意し、訪問看護師として歩みはじめました。

ハートフリーやすらぎのスタッフの皆さんと利用者さんご家族さんに学び、支えて頂きながら、訪問看護師としても人としても成長していきたいです。

そして、利用者さん、ご家族さんとのひとりひとりの出会いを大切に、笑顔と温かい看護を届けられるように日々励んでいきたいと思っております。


中田 看護師

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:中田 看護師

こんにちは!はじめまして、新卒で2018年4月から入職いたしました。私はもともと在宅看護に興味があったのですが、実習でこの素敵なチームに出会い、「このチームに入りたい!このチームで看護をして役に立ちたい!」と強く感じ、訪問看護の世界に飛び込みました。

午前中は住吉診療所で技術研修、午後は訪問看護同行訪問で日々学ばせていただいています。

療養者さまや家族さま、地域の方々が満足できる関わりを目指し、元気と笑顔で療養者さまご家族さま、またチームの皆さまのいい環境のひとつになれるように頑張ります。よろしくお願いします!



松谷 看護師

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:松谷 看護師

こんにちは。2018年6月より入職いたしました。

1年間の病院勤務の経験の中で、「より患者様と密に関わり自分らしく働ける看護師とは」と考えるようになりました。そして、ご縁があってハートフリーやすらぎのチームの一員となることが出来ました。

経験豊富な先輩方にご指導いただきながら、日々刺激を受けて多くのことを学ばせていただいています。
また月曜日と金曜日の午前のみ、住吉診療所にて看護技術習得もさせていただいており地域の皆様とも楽しく交流させていただいております。

まだまだ半人前ではありますが、地域の皆様から信頼していただける看護師になれるよう頑張っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。



芝池 理学療法士

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:芝池 理学療法士

いろいろな利用者さんがいますが、個々の利用者さんにあった環境の中でリハビリができる事に嬉しく思っています。

利用者さんに満足していただけるように、少しでも機能回復できるようにサポートしていきたいと思っています。

また、ターミナルの利用者さんやそのご家族とも、残りの時間を少しでも共有できればと思っています。


河野 理学療法士

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:河野 理学療法士

 在宅でのリハビリは利用者さんの身体機能や生活環境に合わせて、その人らしい生活が送れるようサポートしています。

また、ご家族への介護方法指導や福祉用具の選定、ターミナルの方の呼吸リハビリや浮腫の改善、ポジショニングなども行っています。

何かリハビリでお困りの事がありましたら、お声をかけて頂けたら嬉しいです。できない事が少しでもできた時の喜びを、利用者さんやご家族と一緒に感じる事ができるこの仕事が大好きです。


吉川 理学療法士

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:吉川 理学療法士

住吉で30年以上、理学療法士としてリハビリテーションにかかわってきました。

これからも理学療法士として育ててくれた住吉の地で、地域に密着しながら「からだを動かすことは楽しいこと」を命題に利用者の皆さんとリハビリテーションを通じて交流を図っていきたいと思っています。よろしくお願いします。


河内 看護助手

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:河内 看護助手

看護助手として仕事をさせていただいています。微力ですが、少しでも利用者様のお力になりたいと思っています。

元気 笑顔 感謝をモットーに仕事をしています。また来てねって言ってくれる利用者様の笑顔が私にとっての喜びです。

これからもがんばっていきたいと思います。


井尻 事務員

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:井尻 事務員

田舎に帰るたび「認知症」の祖母の介護する母を見ていて、「介護・在宅医療」のことについて知りたいと思ったのが初めての医療の仕事についたきっかけでした。

しかし、知識も経験も技術もなかったので診療所で事務の仕事を通じて、少しづつ学ばせて頂いています。 そこで、「挨拶をする・会話をする・話を聞いてあげる」ことで利用者様の気持ちを、ほんの少しでも楽にしてあげる手助けはできるんだと気づかされました。


山田 事務員

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:山田 事務員

結婚を機に平成10年から、住吉の町に暮らし始めました。

住吉診療所の事務員として平成20年から、勤め始めました。 節目となる平成30年から、診療所から訪問看護ステーションの事務員として勤め させて頂く事となりました。 (何か運命を感じてしまうのは私だけ でしょうか?!) 改めまして事務担当 山田 智恵子と申します。

ステーションへと移動になって沢山の看護師さんとお仕事するようになり、利用者さまの生活スタイルに合わせた様々なサポートをされる姿を見て、私自身も家族の介護を支える立場としてとても勉強になる毎日を送っています。

利用者様とお会いできる機会は少ないのですが、在宅医療を支えるスタッフチームの一人としてお手伝いさせて頂けるように頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


坂本 事務員

医療法人ハートフリーやすらぎ 訪問看護ステーションハートフリーやすらぎ:坂本 事務員

私は、祖父、視覚障害者(ほぼ全盲)の祖母、両親、兄、祖父の姉や隣の家には、おじ家族、世代を超えた大家族の中で育ちました。介助や介護が日常のにぎやかな環境でした。

祖母は、白杖をいやがり、私が手を引いて買い物や時には電車で親戚の家まで二人で行き、家族に内緒の外食やおしゃべりが楽しかったと記憶しています。祖父は学生の頃、自宅で見送りました。食事も食べられなくなり、ヤクルトだけは、『うまい、うまい』が、口ぐせでした。最後の日も、一口飲んで、にっこりしていた様に思い出します。現在の介護保険の制度なら、家族の負担も、本人の過ごし方も違ったものになっていた事でしょう。

診療所に勤務して、あっ20年近くたち今年1月より訪問看護ステーションをお手伝いすることになり、温もりのある看護師さんや理学療法士さんに刺激を受け介護保険のしくみなど未知の世界ですが、どんどん勉強していきたいと思います。どうぞ よろしくお願いします。